小さな親切運動府中支部 国府小に子ども用車イス寄贈


公益社団法人「小さな親切」運動府中支部(戸田アイ子代表)が3月6日、国府小学校に子ども用の車イス1台を寄贈した。平成14年度から市内の福祉施設や中学校に大人用車イスを贈ってきたが、子ども用は初。

 国府小には大人用の車イスは2台があるが、低学年の児童が使ったとき、大きすぎて不安定だったため、子ども用の車イスを希望していた。この日贈られたのは、座面幅約30cmのアルミ製の自走車イス。フレームの色は同校のスクールカラーの赤が選ばれた。

 全校児童の前で同支部の江村良治事務局長が「いざという時に役立てて」と挨拶し、戸田代表が宇根真砂子校長に目録を手渡した。

 今年度で定年退職する宇根校長は、「子どもたちのため、課題はすべて解決してあげたかったので、頂けてほっとしました。ケガや病気の時に大いに助かります」と感謝した。

編集者: ニュース速報編集部  日付:15年3月2日

イラストダウンロード

お正月

お正月 [イラスト]

お正月

お正月 [イラスト]

お正月

お正月 [イラスト]

全部見る